blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

二次形式の平方完成

いきさつ

凸二次形式の最小値を求めるために、計算しました。 この計算によって解けるのは強凸二次形式です。

平方完成(正則の場合)

まずは元の式と平方完成した後の式を比較します。 \(Q\)は対称行列で、\(q\)は一次式の係数ベクトルです。

\[ \begin{align*} f(x) &= x^T Q x + q^T x \text{ (二次形式)}\\ &= (x + z)^T Q (x + z) + c \text{ (平方完成後)}\\ &= x^T Q x + 2 z^TQx + z^TQz + c \end{align*} \]

係数を比較することによって以下の等式が成り立ちます。

\[ \begin{align*} 2 z^TQ &= q^T \\ z^TQz + c &= 0 \end{align*} \]

\(|Q| \neq 0\) (逆行列が存在) と仮定すると、 以下のようにzとcが求まります。

\[ \begin{align*} z &= \frac{1}{2} Q^{-1} q \\ c &= -z^TQz = -\frac{1}{4} q^T Q^{-1} q \end{align*} \]

\(Q \succ 0\)の場合、最小元と最小値は以下のように表されます。

\[\begin{align*} \text{(最小元) } &= -z = -\frac{1}{2} Q^{-1} q \\ \text{(最小値) } &= c = -z^TQz = -\frac{1}{4} q^T Q^{-1} q \end{align*}\]

\(Q \succeq 0\) の場合は、対角成分が0である行と列を除去した行列\(Q'\) を生成することで、同様に計算できます。 (行列の次数が減るところは、適宜調整してください。)

\[Q' := Q[I,I] \\ ( I := \{ i | Q_{ii} > 0 \})\]

\(Q\)が半正定値の場合は、ほかにも方法があって、 擬似逆行列 - Wikipedia を使うと求められると思います。 (たぶん。)