blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞)を受賞。 現在はUzabase, Inc.において、SPEEDA事業部のSREとして生計をたててている。

技術

Configuration Management Ansible, Cloud-Init, Terraform
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Proxmox, Xen, LXD/LXC, Docker, systemd-nspawn
OS, Distribution Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, FreeBSD, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, Btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
SQL MySQL, MariaDB(Galera Cluster), PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL MongoDB, Elasticsearch, InfluxDB, etcd, ...
Mail postfix, dovecot, RainLoop
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, ...
Monitoring Prometheus, Grafana, Nagios, Munin, Zabbix
DNS CoreDNS, dnsmasq, unbound, BIND9, ...
Misc Kubernetes/Istio, certbot, ...

自称はネットワークエンジニアだが、Linuxのネットワークと仮想化技術が得意なため、 サーバエンジニアの雰囲気のほうが強いかもしれない。

習得中

Virtualization, Container, OS MAAS, rkt, Container Linux, ...
Network NFV, mVPN, Calico, IoT(6LoWPAN, LoRaWAN), ...
NoSQL CouchDB, Redis, ...
Misc Test Engineering, ...

投稿

QCOW2の中身を編集する

概要

QCOW2形式のイメージを編集する方法のメモ。 今回は例として、下記のCentOSイメージを利用した。

curl -q -L -o centos7.qcow2 http://cloud.centos.org/centos/7/images/CentOS-7-x86_64-GenericCloud-1608.qcow2

guestfishを使う

QCOW2のイメージを編集するにはguestfishを使えば良いので、↓でインストールする。

$ sudo apt install libguestfs-tools

そして、編集したいQCOW2のイメージを指定してguestfishを立ち上げると、 guestfish用のシェルが起動するので、その中でコマンドを打つ。

手順は、パーティションを見つけて、マウントし、編集して、終了するだけ。

$ sudo EDITOR="emacs -nw -q" guestfish --rw -a centos7.qcow2

Welcome to guestfish, the guest filesystem shell for
editing virtual machine filesystems and disk images.

Type: 'help' for help on commands
      'man' to read the manual
      'quit' to quit the shell

><fs> run
><fs> list-filesystems
/dev/sda1: xfs
><fs> mount /dev/sda1 /
><fs> cat /etc/resolv.conf

><fs> cat /etc/hostname
localhost.localdomain

><fs> edit /etc/hostname
><fs> cat /etc/hostname
new-hostname
><fs> quit

editコマンドで、環境変数EDITORで指定したエディタによってファイルを編集でき、 catコマンドで変更されたことが確認できた。

また、オプション-iをつけると、自動的にファイルシステムがマウントされるので、 下記のようにしてワンライナで編集することも可能。

$ sudo EDITOR="emacs -nw -q" guestfish --rw -i -a centos7.qcow2 edit /etc/hosts

参考