blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

ThinkPadのBIOSアップデート用起動ディスクをLinuxで作成する

概要

ノートパソコンはBIOSの更新をしたい場合、 サポートから提供されるアップデート方法はWindowsしか対応していない場合が多い。 ThinkPadの場合はCDでブート可能なイメージを配布しているが、 ほとんどのThinkPadに光学ドライブがつかなくなってしまった今、 USBメモリにそのイメージを書き込み、BIOSを更新してみることにした。

使用したのはUbuntu16.04で、BIOSアップデート対象のPCはThinkPad X220。

genisoimageをインストール。

geteltoritoコマンドを使用するため↓でインストールする。

$ sudo apt install genisoimage

起動イメージの作成

ThinkPadのサポートから対象PCに適したCD BootableなBIOSのアップデートイメージをダウンロードする。 ダウンロードしたイメージをdonwload.isoとする。 そして↓でbios.imgを作成する。

$ geteltorito -o bios.img download.iso

USBメモリへの書き込み、BIOSアップデート

USBメモリが /dev/sdX として認識されている場合、上記で用意したイメージファイルを↓で書き込む。

$ sudo dd if=bios.img of=/dev/sdX bs=512K

↑で書き込んだUSBを差し込んだまま再起動する。 USBメモリから起動するように、BIOSから起動ディスクの優先順位を変更する。 USBメモリから起動できたら、あとは普通のアップデート手順と同じ。

(おまけ) BIOS情報の確認

↓でBIOSの情報を確認できる。

$ sudo dmidecode -t bios
# dmidecode 3.0
Getting SMBIOS data from sysfs.
SMBIOS 2.6 present.

Handle 0x000D, DMI type 0, 24 bytes
BIOS Information
	Vendor: LENOVO
	Version: 8DET72WW (1.42 )
	Release Date: 02/18/2016
	Address: 0xE0000
	Runtime Size: 128 kB
	ROM Size: 8192 kB
	Characteristics:
		PCI is supported
		PNP is supported
		BIOS is upgradeable
		BIOS shadowing is allowed
		Boot from CD is supported
		Selectable boot is supported
		EDD is supported
		3.5"/720 kB floppy services are supported (int 13h)
		Print screen service is supported (int 5h)
		8042 keyboard services are supported (int 9h)
		Serial services are supported (int 14h)
		Printer services are supported (int 17h)
		CGA/mono video services are supported (int 10h)
		ACPI is supported
		USB legacy is supported
		BIOS boot specification is supported
		Targeted content distribution is supported
	BIOS Revision: 1.42
	Firmware Revision: 1.24

Handle 0x002B, DMI type 13, 22 bytes
BIOS Language Information
	Language Description Format: Abbreviated
	Installable Languages: 1
		en-US
	Currently Installed Language: en-US

(おまけ) マザーボード情報

↓でマザーボードの情報を確認できる。

$ sudo dmidecode -t baseboard
# dmidecode 3.0
Getting SMBIOS data from sysfs.
SMBIOS 2.6 present.

Handle 0x000F, DMI type 2, 15 bytes
Base Board Information
	Manufacturer: LENOVO
	Product Name: 4290KF4
	Version: Not Available
	Serial Number: XXXXXXXXXXX
	Asset Tag: Not Available
	Features:
		Board is a hosting board
		Board is replaceable
	Location In Chassis: Not Available
	Chassis Handle: 0x0000
	Type: Motherboard
	Contained Object Handles: 0

Handle 0x0029, DMI type 10, 6 bytes
On Board Device Information
	Type: Other
	Status: Disabled
	Description: IBM Embedded Security hardware

参考文献