blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

技術

Configuration Management Terraform, Ansible, Cloud-Init
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Proxmox, Xen, LXD/LXC, Docker, Kata, systemd-nspawn
OS, Distribution Debian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, FreeBSD, macOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, Btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, FRR, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
SQL MySQL, MariaDB(Galera Cluster), PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL Elasticsearch, InfluxDB, etcd, MongoDB, ...
WebApps WordPress, GitLab, Redmine, ...
Monitoring Grafana, Prometheus, Nagios, Munin, Zabbix
DNS CoreDNS, dnsmasq, Unbound, BIND9, ...
Misc Kubernetes/Istio, certbot, HAProxy, ...

自称はネットワークエンジニアだが、 Linuxのネットワークと仮想化技術が得意なため、 サーバエンジニアの雰囲気のほうが強いかもしれない。

習得中

Virtualization, Container, OS VirtIO GPU, okd, CDH, CoreOS, ...
Network mVPN, Calico, IoT(6LoWPAN, LoRaWAN), ...
NoSQL BigTable, HBase, OpenTSDB, Redis, ...
Misc Test Engineering, Android Apps, ...

大きな領域では、セキュリティを考慮した複数パブリッククラウドの相互運用に興味がある。

投稿

QEMU+KVMと仮想ブリッジ+tapでFreeBSDの環境を用意してみる

概要

実験用のFreeBSDの環境が欲しかったため、QEMU+KVMの仮想環境で用意したときのメモ。 FreeBSDを立ち上げるためのメモだが、起動イメージを変えるだけでLinuxも起動できるはず。 (最近、LXDのコンテナでLinuxの環境は事足りてしまうからQEMUをあんまり必要にならなくなってしまった。)

仮想ホスト環境

  • OS: Ubuntu 16.04
  • CPU: Intel Core i5-4300M
  • 仮想環境: QEMU+KVM
  • 仮想ブリッジqbr: 10.0.0.254/24

仮装ゲスト環境

  • OS: FreeBSD11.1
  • CPU: 1コア
  • Mem: 1GB
  • NIC: 1つ (DHCPでアドレス(10.0.0.1-10.0.0.250)を配布1)

ツールののインストール

↓でQEMUとudhcpdをインストールしておく。

ホストネットワークの準備

まずsysctlでパケットを転送できるように設定しておく。

次に仮想ブリッジインターフェースqbrを作成する。

↑の結果↓のようにqbrが設定されていることを確認できる。

iptablesでマスカレードの設定をする

↓のようにiptablesで10.0.0.0/24のプライベートアドレスはマスカレードするように設定する。

↑を実行した結果は↓のようになる。

qemu-ifup

QEMUで仮想ゲストを立ち上げる際にホスト側のネットワークインターフェースを調整するためのシェルスクリプト /etc/qemu-ifup を設定しておく。

↑はQEMU側が↓のように呼び出すことを想定されている。

DHCPサーバの設定

/etc/udhcpd.confに↓を記述し、udhcpdを設定する。

interface qbr
start 10.0.0.1
end   10.0.0.250
opt dns 8.8.8.8
opt dns 8.8.4.4
opt subnet 255.255.255.0
opt router 10.0.0.254
opt domain local

今回はudhcpdをsystemdを用いずに手動で起動する。

-fをつけることでフォアグラウンドでの動作になる。

仮想ゲストFreeBSD11.1の起動イメージのダウンロード

上記ページからamd64(x86_64)のqcow2形式のイメージを選び、ダウンロードしてunxzで伸長する。

仮想ゲストFreeBSD11.1の起動

tapデバイスのMACアドレスをランダムに生成して、仮想マシンを起動する。

↑を実行すると↓のように起動画面が拝めた。

時間が経つとudhcpdがアドレスを配布したことがわかり、ログイン画面になる。 ちなみに、初期状態ではrootユーザのパスワードは空の状態だった。

qemu-ifupで設定したとおり、起動時にQEMUによって作成されたtap0がqbrに接続されていた。

また、cursesではなく、↓のようにしてVNC経由でコンソール画面を見ることも可能。

↑を実行すると5900+起動したVNCの数だけポートがバインドされる。

5900番ポートがバインドされたので、↓のようにして仮想マシンの画面に接続することができる。

参考