blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

Configuration Management Ansible, Terraform, Cloud-Init
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Xen, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, FreeBSD, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot, RainLoop
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, ...
Monitoring Nagios, Munin, Zabbix, Prometheus, Grafana
Misc Kubernetes/Istio, certbot, dnsmasq, ...

習得中

OS CoreOS(Container Linux), Windows on QEMU, ...
SQL PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL CouchDB, ArangoDB, Neo4J, ...
Misc Proxmox, oVirt, MAAS, NFV, ...

投稿

Linuxの起動ディスクのファイルシステムをext4からbtrfsへ移行する

概要

ルートファイルシステムをext4で構成したシステムをbtrfsに移行したくなったので移行してみた。 環境はUbuntu16.04。

想定環境

/dev/sdx 移行元とは別のLinuxシステムでの作業とする。 (USBとかからLiveイメージを起動するとか。)

  • /dev/sda: 移行元ディスク
  • /dev/sda1: 移行元システム(Ubuntu 16.04, ext4)
  • /dev/sdb: 移行先ディスク
  • /dev/sdb1: 移行元システム(Ubuntu 16.04, ext4)
  • /dev/sdb2: 移行元システム(スワップ)
  • /dev/sdx: 移行作業を行う独立したLinuxシステム

移行先ディスクsdbのパーティションを切ってbtrfsでフォーマット

例として、/dev/sdbの90%をbtrfsとして使い、残りをスワップとして使う。 btrfs内ではswapfileを使うことはできないので、 スワップを必要とする場合は初期のパーティションの時点で作成しなければならない。

$ sudo parted -a optimal -s /dev/sdb -- mklabel msdos
$ sudo parted -a optimal -s /dev/sdb -- mkpart 0% 90%
$ sudo parted -a optimal -s /dev/sdb -- mkpart 90% 100%
$ sudo parted -a optimal -s /dev/sdb -- set 1 boot on
$ sudo mkfs.btrfs -f /dev/sdb1
$ sudo mkswap /dev/sdb2

sda1, sdb1をマウントしてシステムを同期する

それぞれのファイルシステムをマウントするところを作って、マウントする。

$ sudo mkdir /mnt/sda
$ sudo mount /dev/sda /mnt/sda
$ sudo mkdir /mnt/sdb
$ sudo mount /dev/sdb /mnt/sdb
$ sudo rsync -av /mnt/sda1 /mnt/sdb

fstabを設定する

blkidコマンドでUUIDを確認する。

sudo blkid | grep sdb
/dev/sdb1: UUID="87a9e63a-0b71-4334-b364-cb0a5905dd73" UUID_SUB="427c8bfc-10a9-4e3e-83b0-e227e1e2f172" TYPE="btrfs" PARTUUID="5a94371a-01"
/dev/sdb2: UUID="7688196b-9b9d-4091-adf1-5990d49923ad" TYPE="swap" PARTUUID="5a94371a-02"

確認したUUIDを元に /mnt/sdb/etc/fstab を以下のように設定する。 btrfsのオプションはcompress=lzoのみ有効にした。

UUID=87a9e63a-0b71-4334-b364-cb0a5905dd73 / btrfs defaults,compress=lzo,subvol=/ 0 0
UUID=7688196b-9b9d-4091-adf1-5990d49923ad none swap sw 0 0

GRUBの設定

/mnt/sdb/etc/grub.d/00_header から、↓の2行のうち、一つを消す。

if [ -n ${have_grubenv} ]; then save_env recordfail; fi
if [ -n "\${have_grubenv}" ]; then if [ -z "\${boot_once}" ]; then save_env recordfail; fi; fi

もしくは /etc/default/grub に↓を追記する。

GRUB_SAVEDEFAULT=false

移行先ファイルシステムへchrootする

$ sudo mount --bind /dev  /mnt/sdb/dev
$ sudo mount --bind /proc /mnt/sdb/proc
$ sudo mount --bind /sys  /mnt/sdb/sys
$ chroot /mnt/sdb
(chroot)$

sdbへGRUBをインストールする

(chroot)$ grub-install /dev/sdb
(chroot)$ update-grub
(chroot)$ update-initramfs -u

chrootをしないでも↓で良いかもしれない。

$ sudo grub-install --root-directory=/mnt/sdb /dev/sdb

GRUBをインストールする際に↓のようなエラーが出る場合がある。

grub-install: warning: Attempting to install GRUB to a disk with multiple partition labels. This is not supported yet..
grub-install: error: filesystem `btrfs' doesn't support blocklists.

その場合はwipefs↓をする。

$ wipefs -o 0x10040 /dev/sdb

再起動

上記までで設定は終わりで、BIOSから起動ディスクを/dev/sdbに切り替えることによって、 移行先のbtrfsのファイルシステムから起動がはじまるはず。

refs