blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 論理珠算を開発し、 それを含む体系である算道を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在は digitiminimi において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

MacBookPro Retinaの画面の表示解像度を2880x1800で使用する

概要

MacBookPro 15inch Retinaを普段使っていて、 画面の仕様的な解像度は2880x1800だが、 実質的な表示は1920x1200の大きさが最大。 (↓の画像の一番右の設定は画面解像度のdot by dotではない。)

この解像度を最大まで使うにはいくつか方法があるようだが、 今回は無料のツールであるscreenresolutionを使ってみた。

install

Homebrewを使ってscreenresolutionコマンドをインストールする。

$ brew install screenresolution

現在の設定の解像度を取得する

今回、MacBookPro以外に3つの外部モニタを接続しているため、 それらの解像度まで取得されている。 MacBookProのディスプレイは “Display 0”。

$ screenresolution get
2017-11-06 21:40:36.846 screenresolution[60230:1501972] starting screenresolution argv=screenresolution get
2017-11-06 21:40:36.849 screenresolution[60230:1501972] Display 0: 1920x1200x32@0
2017-11-06 21:40:36.850 screenresolution[60230:1501972] Display 1: 1200x1920x32@60
2017-11-06 21:40:36.851 screenresolution[60230:1501972] Display 2: 2560x1440x32@60
2017-11-06 21:40:36.851 screenresolution[60230:1501972] Display 3: 1080x1920x32@60

使える解像度を列挙する

↓のコマンドで使える解像度を列挙する。

$ screenresolution list
2017-11-06 21:39:31.127 screenresolution[60103:1500111] starting screenresolution argv=screenresolution list
Available Modes on Display 0
  2880x1800x32@0       	1440x900x32@0        	2560x1600x32@0
  2048x1280x32@0       	1024x768x32@0        	800x600x32@0
  640x480x32@0         	1680x1050x32@0       	1280x800x32@0
Available Modes on Display 1
  1200x1920x32@60      	1080x1920x32@60      	1080x1920x32@60
  720x1280x32@60       	480x720x32@60        	480x640x32@60
  1080x1920x32@50      	576x720x32@50        	720x1280x32@50
  1080x1920x32@50      	1080x1920x32@24      	600x960x32@60
  640x480x32@60        	600x800x32@60        	800x600x32@60
  500x800x32@60        	768x1024x32@60       	1024x768x32@60
  640x1024x32@60       	960x1280x32@60       	1280x960x32@60
  800x1280x32@60       	1008x1344x32@60      	1344x1008x32@60
  840x1344x32@60       	1200x1600x32@60      	1600x1200x32@60
  1000x1600x32@60
Available Modes on Display 2
  2560x1440x32@60      	1280x1024x32@75      	1024x768x32@75
  1024x768x32@60       	800x600x32@75        	800x600x32@60
  640x480x32@75        	640x480x32@60        	1600x1200x32@60
  1280x1024x32@60      	1920x1080x32@60      	1920x1080x32@60
  1920x1080x32@60      	1280x720x32@60       	720x480x32@60
  640x480x32@60        	720x576x32@50        	1280x720x32@50
  1920x1080x32@50      	1920x1080x32@50      	1920x1080x32@24
  2048x1152x32@60      	1024x576x32@60       	1280x960x32@60
  1344x1008x32@60      	1344x756x32@60       	1600x900x32@60
Available Modes on Display 3
  1080x1920x32@60      	1080x1920x32@60      	720x1280x32@60
  480x720x32@60        	480x640x32@60        	1080x1920x32@50
  1080x1920x32@50      	576x720x32@50        	720x1280x32@50
  640x480x32@60        	600x800x32@60        	800x600x32@60
  768x1024x32@60       	1024x768x32@60       	576x1024x32@60
  960x1280x32@60       	1280x960x32@60       	1008x1344x32@60
  1344x1008x32@60      	756x1344x32@60       	900x1600x32@60

“Display 0”では2880x1800x32@0が最大の解像度。

新しい解像度を指定する

↓のコマンドで解像度を設定する。 解像度は2560x1600にしてみた。 (2800x1800だと文字が小さすぎた。)

$ screenresolution set 2560x1600x32@0 skip skip skip
2017-11-06 21:44:26.646 screenresolution[60555:1507546] starting screenresolution argv=screenresolution set 2560x1600x32@0 skip skip skip
2017-11-06 21:44:26.650 screenresolution[60555:1507546] set mode on display 0 to 2560x1600x32@0
Skipping display 1
Skipping display 2
Skipping display 3

引数はディスプレイの順番どおりの解像度を指定する。 変更しないディスプレイに対しては“skip”を渡せばよい。 コマンドを発行すると画面が暗転して新しい解像度に切り替わる。

元に戻したい場合は、Mac標準のシステム設定からできる。

参考