blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

技術

Configuration Management Terraform, Ansible, Cloud-Init
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Proxmox, Xen, LXD/LXC, Docker, Kata, systemd-nspawn
OS, Distribution Debian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, FreeBSD, macOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, Btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, FRR, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
SQL MySQL, MariaDB(Galera Cluster), PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL Elasticsearch, InfluxDB, etcd, MongoDB, ...
WebApps WordPress, GitLab, Redmine, ...
Monitoring Grafana, Prometheus, Nagios, Munin, Zabbix
DNS CoreDNS, dnsmasq, Unbound, BIND9, ...
Misc Kubernetes/Istio, certbot, HAProxy, ...

自称はネットワークエンジニアだが、 Linuxのネットワークと仮想化技術が得意なため、 サーバエンジニアの雰囲気のほうが強いかもしれない。

習得中

Virtualization, Container, OS VirtIO GPU, okd, CDH, CoreOS, ...
Network mVPN, Calico, IoT(6LoWPAN, LoRaWAN), ...
NoSQL BigTable, HBase, OpenTSDB, Redis, ...
Misc Test Engineering, Android Apps, ...

大きな領域では、セキュリティを考慮した複数パブリッククラウドの相互運用に興味がある。

投稿

TOTPのURIを生成し、QRにエンコードとデコードしてから、ワンタイムパスワードを計算する

概要

Pythonのpasslibのドキュメントを読んでいたらバージョン1.7からtotpに対応していたので、 ワンタイムパスワードを計算してみた。

同時に、GoogleAuthenticatorで使うためのQRコードの生成もしてみた。

ツールの準備

必要なツールはQRコードのツールとPythonのpasslib。

↓はMacの場合。

↓はUbuntuの場合。

passlibはpipで入れた。

TOTPのURIを生成する

TOTPのURIは↓のようになっていて、秘匿部分はBASE32で符号化しておく。

otpauth://totp/{user}@{servicename}?secret={secret_base32}

具体的には↓のようにすればよい。

普通は自動生成されて渡されるので、開発者以外は全く必要とされない技術。

TOTPのURIを表すQRコードを作成する

qrencodeコマンドを使って、↓のように標準入力からTOTPのURIを渡せばよいだけ。

出来上がったQRコードは↓。

これをGoogleAuthenticatorとかで読み取ればよい。

QRコードからTOTPのURIを読み出す

zbarimgコマンドを使ってQRコードの画像からデコードして、元のURIを取り出す。

元の文字列が取り出せた。

TOTPのURIからpasslibでワンタイムパスワードを計算する

ワンタイムパスワードの計算方法は簡単で↓の4行でできる。

↑の出力は↓。

503057

メソッドgenerate()の引数はUNIXタイムで、Noneの場合は現在の時間を元に計算される。 [現在, 次, 次の次]の3つのワンタイムパスワードが欲しい場合は↓の様にすればよい。

↑の出力は↓。

めでたし、めでたし。

oathtool

oathtoolを利用することでワンタイムパスワードを生成することはできる。

参考