blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

技術

Configuration Management Terraform, Ansible, Cloud-Init
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Proxmox, Xen, LXD/LXC, Docker, Kata, systemd-nspawn
OS, Distribution Debian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, FreeBSD, macOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, Btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, FRR, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
SQL MySQL, MariaDB(Galera Cluster), PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL Elasticsearch, InfluxDB, etcd, MongoDB, ...
WebApps WordPress, GitLab, Redmine, ...
Monitoring Grafana, Prometheus, Nagios, Munin, Zabbix
DNS CoreDNS, dnsmasq, Unbound, BIND9, ...
Misc Kubernetes/Istio, certbot, HAProxy, ...

自称はネットワークエンジニアだが、 Linuxのネットワークと仮想化技術が得意なため、 サーバエンジニアの雰囲気のほうが強いかもしれない。

習得中

Virtualization, Container, OS VirtIO GPU, okd, CDH, CoreOS, ...
Network mVPN, Calico, IoT(6LoWPAN, LoRaWAN), ...
NoSQL BigTable, HBase, OpenTSDB, Redis, ...
Misc Test Engineering, Android Apps, ...

大きな領域では、セキュリティを考慮した複数パブリッククラウドの相互運用に興味がある。

投稿

Intel AMT の Serial over LAN を Linux で使ってみる

概要

vPro対応のThinkPadを持っていたので、 Intel AMTを使ってSerial-over-LAN(SOL)をやってみた。 リモートでBIOSの設定も可能。 2017年になってIntel AMTの脆弱性が発見されたので、 Intel AMTのファームウェアのアップデートは必須。 (おそらく、同じセグメントに信頼できるホストしか居ない場合は問題ない。) Intel AMTのファームウェアのアップデートはWindowsじゃないとできなさそう。

Intel AMTの設定

起動時のThinkPadロゴマーク表示しているときににEnterを押してからCtrl-Pを押してから以下のように設定する。 (今回はSOLのみの設定。)

  • 大文字小文字数字を絡めたパスワードの設定。 (例: P@ssw0rd)
  • IPとマスクの設定 (例: 192.168.xx.xx/255.255.255.0)
  • Manageability Feature Selection -> Enabled
  • SOL -> Enabled
  • Legacy Redirection Mode -> Enabled
  • User Consent -> Disabled

Linux側の設定

pciの[VendorID:DeviceID]を確認する。

/etc/udev/rules.d/z25_sol.rules に上で確認したIDでttySOLへのシンボリックリンクを作成するように設定する。

KERNEL!="ttyS[0-9]", GOTO="no_serial"
ATTRS{vendor}!="0x8086", GOTO="vendor_not_intel"
ATTRS{device}=="0x1e3d", SYMLINK+="ttySOL", ENV{COMMENT}="Serial-Over-Lan $attr{vendor}:$attr{device}"
GOTO="vendor_not_intel"
LABEL="no_serial"

再起動すると以下のようにシンボリックリンクが作成されることが確認できる。

この状態でgettyを起動することによって、ttySOLが使えるようになる。

ブート時にgettyが立ち上がるように設定するために、 /etc/default/grubでカーネルの起動パラメータを以下のように変更しupdate-grubする。

GRUB_CMDLINE_LINUX="console=tty0 console=ttyS4,115200n8"
GRUB_TERMINAL=serial
GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --port=0xf0e0 --word=8 --parity=no --stop=1"

確認

192.168.xx.xx/255.255.255.0 と同じセグメントから http://192.168.xx.xx:16992/ にアクセスするとIntel AMTの画面が見れる。

また、以下でIntel AMTの情報を確認することも可能。

Serial over LAN

別ホストからIntel AMTのIPアドレスを指定することによってSerial Over LANができた。

BIOSの設定

Intel AMT経由でBIOSの設定をリモートでするには、 予めBIOSで下記のようにConsole TypeをVT100にしておかなければならない。

上記のように設定した状態で下記のように再起動するとBIOSの設定画面を操作することができる。

参考