blog.monophile.net

コンピュータに関するメモ。

著者

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

投稿

Ubuntu で zram または zswap を有効にする

概要

メモリが足りなかったので、少しでも良くなればと、zram と zswap を試してみた。 (同じ様な技術なので、どちらか一方で良い。) 環境は Ubuntu16.04。

zram

基本は zram-config で管理する。 /usr/bin/init-zram-swapping を一部書き換えて lz4 による圧縮にしておく。

install

/usr/bin/init-zram-swapping の編集

/usr/bin/init-zram-swapping を下記のように編集する必要がある。 差分は echo "lz4" ... の行を追加のみになると思われる。

再起動

再起動したあと、以下で反映されている事が確認できる。

zswap

zswap はスワップデバイスがあることが前提になる。 lz4 を使うためにカーネルブートパラメータと initramfs のモジュールを調整する。

/etc/default/grub の編集と GRUB の更新

下記のように、 GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT を変更する。

initramfs の更新

reboot

再起動したあと、zswap が有効になっていることが dmesg から確認できる。

参考