blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

ubuntuでzramとzswapを有効にする

概要

メモリが足りなかったので、少しでも良くなればと、zramとzswapを試してみた。 (同じ様な技術なので、どちらか一方で良い。) 環境はUbuntu16.04。

zram

基本はzram-configで管理する。 /usr/bin/init-zram-swapping を一部書き換えてlz4による圧縮にしておく。

install

$ sudo apt install zram-config

/usr/bin/init-zram-swapping

‘echo “lz4” …’ の行を追加しただけ。

#!/bin/sh

# load dependency modules
NRDEVICES=$(grep -c ^processor /proc/cpuinfo | sed 's/^0$/1/')
if modinfo zram | grep -q ' zram_num_devices:' 2>/dev/null; then
  MODPROBE_ARGS="zram_num_devices=${NRDEVICES}"
elif modinfo zram | grep -q ' num_devices:' 2>/dev/null; then
  MODPROBE_ARGS="num_devices=${NRDEVICES}"
else
  exit 1
fi
modprobe zram $MODPROBE_ARGS

# Calculate memory to use for zram (1/2 of ram)
totalmem=`LC_ALL=C free | grep -e "^Mem:" | sed -e 's/^Mem: *//' -e 's/  *.*//'`
mem=$(((totalmem / 2 / ${NRDEVICES}) * 1024))

# initialize the devices
for i in $(seq ${NRDEVICES}); do
  DEVNUMBER=$((i - 1))
  echo "lz4" > /sys/block/zram${DEVNUMBER}/comp_algorithm
  echo $mem > /sys/block/zram${DEVNUMBER}/disksize
  mkswap /dev/zram${DEVNUMBER}
  swapon -p 5 /dev/zram${DEVNUMBER}
done

reboot

以下で反映されている事が確認できる。

$ swapon -s
Filename				Type		Size	Used	Priority
/dev/vda2                              	partition	7200764	0	-1
/dev/zram0                             	partition	254000	0	5
/dev/zram1                             	partition	254000	0	5
cat /sys/block/zram0/comp_algorithm
lzo [lz4]

zswap

zswapはスワップデバイスがあることが前提になる。 lz4を使うためにカーネルブートパラメータとinitramfsのモジュールを調整する。

/etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="zswap.enabled=1 zswap.compressor=lz4 zswap.max_pool_percent=70"
$ sudo update-grub

initramfs

echo lz4 | sudo tee -a /etc/initramfs-tools/modules
echo lz4_compress | sudo tee -a /etc/initramfs-tools/modules
sudo update-initramfs -u

reboot

リブートするとzswapが有効になっていることがdmesgから確認できる。

$ dmesg | grep "zswap: "
[    2.868315] zswap: loaded using pool lz4/zbud

参考