blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はUzabase, Inc.において、 SPEEDA事業部のSREとして生計をたててている。

技術

Configuration Management Ansible, Cloud-Init, Terraform
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Proxmox, Xen, LXD/LXC, Docker, systemd-nspawn
OS, Distribution Debian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, FreeBSD, macOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, Btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
SQL MySQL, MariaDB(Galera Cluster), PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL Elasticsearch, InfluxDB, etcd, MongoDB, ...
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, ...
Monitoring Grafana, Prometheus, Nagios, Munin, Zabbix
DNS CoreDNS, dnsmasq, Unbound, BIND9, ...
Misc Kubernetes/Istio, certbot, HAProxy, ...

自称はネットワークエンジニアだが、 Linux周りのネットワークと仮想化技術が得意なため、 サーバエンジニアの雰囲気のほうが強いかもしれない。

習得中

Virtualization, Container, OS VMware, VirtIO GPU, MAAS, rkt, okd, CDH, Fedora CoreOS, ...
Network NFV, mVPN, Calico, IoT(6LoWPAN, LoRaWAN), ...
NoSQL HBase, OpenTSDB, Redis, CouchDB, ...
Misc Test Engineering, Android Apps, ...

投稿

UbuntuでGlusterFS

概要

GlusterFSを組む必要があったので、それのメモ。

環境

  • Ubuntu16.04 2台 (Host A, Host Bとする。)
  • Host A: 192.168.0.1/24
  • Host B: 192.168.0.2/24
  • GlusterFSのデータの保存先: /glusterfs/brick00

インストール

$ sudo apt install glusterfs-common glusterfs-server glusterfs-client attr

ボリュームの作成

レプリケーションタイプのボリュームvol00を作成する。 Host Aで↓作業。

$ sudo gluster peer probe 192.168.0.2
peer probe: success.
$ sudo gluster peer status
Number of Peers: 1

Hostname: 192.168.0.2
Uuid: 0b639a58-0270-4865-a252-939134a71cc2
State: Peer in Cluster (Connected)
$ sudo mkdir -p /glusterfs/brick00
$ ssh root@192.168.0.2 "mkdir -p /glusterfs/brick00"
$ sudo gluster volume create vol00 replica 2 transport tcp \
    192.168.0.1:/glusterfs/brick00 \
    192.168.0.2:/glusterfs/brick00 force
volume create: vol00: success: please start the volume to access data

ボリュームの開始

$ sudo gluster volume info

Volume Name: vol00
Type: Replicate
Volume ID: 0050f18c-68b9-4f5c-a33e-f716f42e8f73
Status: Created
Number of Bricks: 1 x 2 = 2
Transport-type: tcp
Bricks:
Brick1: 192.168.0.1:/glusterfs/brick00
Brick2: 192.168.0.2:/glusterfs/brick00
Options Reconfigured:
performance.readdir-ahead: on
$ sudo gluster volume start vol00
$ sudo gluster volume info

Volume Name: vol00
Type: Replicate
Volume ID: 0050f18c-68b9-4f5c-a33e-f716f42e8f73
Status: Started
Number of Bricks: 1 x 2 = 2
Transport-type: tcp
Bricks:
Brick1: 192.168.0.1:/glusterfs/brick00
Brick2: 192.168.0.2:/glusterfs/brick00
Options Reconfigured:
performance.readdir-ahead: on

クライアント

上記で作成したvol00をHost A, Host Bでそれぞれマウントする。 Host AとHost Bならばループバックアドレス(127.0.0.1)でももちろん大丈夫。

$ sudo mount -t glusterfs 192.168.0.1:vol00 /mnt/vol00
$ df -h | grep vol00
192.168.0.1:vol00                       98G   62G   31G  67% /mnt/vol00