blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

debootstrapでUbuntuのイメージを作成して、machinectlで立ち上げる

概要

debootstrapでrootfsを作って、machinectlで立ち上げるまでをやってみました。

debootstrap

$ sudo debootstrap --include=linux-image-generic,grub xenial xenial.tgz http://ubuntutym.u-toyama.ac.jp/ubuntu
$ sudo tar czvf xenial.tgz -C xenial .
$ sudo machinectl import-tar xenial.tgz xenial00

イメージが登録されていることが確認できる。

$ sudo machinectl list-images
NAME     TYPE      RO  USAGE  CREATED                     MODIFIED
xenial00 subvolume no  754.2M Thu 2017-02-09 16:10:00 JST n/a

systemd-nspawnで下準備

debootstrapをしたままのイメージでは machinectl login できないので下記を行う。

  • rootパスワード設定
  • DNSの設定
  • DBUSのインストール
  • pts/0を有効にする
$ sudo systemd-nspawn -M xenial00
root@xenial00:~# passwd
root@xenial00:~# rm /etc/resolv.conf && echo "nameserver 8.8.8.8" >> /etc/resolv.conf
root@xenial00:~# apt update && apt install dbus
root@xenial00:~# echo pts/0 >> /etc/securetty

終わったら “^]” を3回押してnspawn上のシェルから抜ける。

machinectl start & login

上記までで、machinectlをつかってインスタンスが立ち上げられる状態になる。

$ sudo machinectl start xenial00
$ sudo machinectl login xenial00