blog.monophile.net

コンピュータに関するメモ。

著者

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

投稿

LXD のイメージを使って、systemd-nspawn のコンテナを起動する

前置き

いろいろなコンテナの規格がありますが、普段 LXD と systemd-nspawn を使っています。 systemd の方がコンセプト的に好きなのですが、LXD に比べるとまだユーザ体験では劣っている様に思えます。 まず、systemd-nspawn 用の起動イメージ配布されていないようだったので、LXDのイメージを転用してみます。

試した環境は Ubuntu 16.04 です。

install

download image

lxcコマンドを使ってイメージをダウンロードします。

extract image

ダウンロードしたイメージを展開します。

start container

下記のコマンドで上記までで用意したrootfsでコンテナを起動できます。

参考