blog.monophile.net

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。 また、計算を主題に制作を行い、現代音楽作品や公共インスタレーション作品など技術提供を行う。 三輪眞弘に師事する。

List

Linuxの起動ディスクのお引越

概要

Ubntu16.04を違うドライブに引っ越した時に行った作業のメモ。 もっと簡単に行う方法もあるかもしれない。

作業

作業はUSBメモリなどから起動した別Linuxからの作業とする。 ドライブのデバイスは下記のような配置とする。

中身のコピー

$ sudo mkdir /mnt/sda1
$ sudo mount /dev/sda1 /mnt/sda1
$ sudo mkdir /mnt/sdb1
$ sudo mount /dev/sdb1 /mnt/sdb1
$ sudo rsync -auv /mnt/sda1/ /mnt/sdb1/

新しいファイルシステムへchrootする

下記の手順でchrootしてから、続く作業を行う。

$ sudo mount --bind /dev /mnt/sdb1/dev
$ sudo mount --bind /proc /mnt/sdb1/proc
$ sudo mount --bind /sys /mnt/sdb1/sys
$ sudo chroot /mnt/sdb1

fstabの設定を書き換える

/etc/fstabに記載されている/dev/sda1のUUIDをblkidコマンドで確認した/dev/sdb1のUUIDで書き換える。

$ blkid

grubのインストール

$ grub-install /dev/sdb
$ update-grub

initramfsの更新

$ update-initramfs -u

再起動

chrootからログアウトしてコンピュータを再起動して、 BIOSから起動ドライブを/dev/sdbに切り替えたら新しいドライブから起動が始まる。