blog.monophile.net

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。 また、計算を主題に制作を行い、現代音楽作品や公共インスタレーション作品など技術提供を行う。 三輪眞弘に師事する。

List

Openstack mitakaを一台のサーバで仮組み

目的

Openstackの勉強のために、インストールしてみた。 ただ、公式のドキュメントには複数ノードがあるのが前提条件だが、 サーバを複数用意するのが難しかったので、一台のサーバ(HP Proliant Microserver N40L)で行った。

環境

インストール方法

ほぼ、下記の公式ドキュメントに沿ってインストールした。 ネットワーク構成でProvider NetworkかSelf-Service Networkかを選ぶ必要があるが、後者を選んだ。

dummyインターフェースを作る

dummyインターフェースを作り、iptablesでNAPTを動作させる。

$ sudo lsmod | grep dummy
$ sudo ip link set name virt0 dev dummy0
$ sudo ip link show virt0
$ sudo ifconfig virt0 10.0.100.1/24 up
$ sudo iptables -t nat -A POSTROUTING -s 10.0.100.0/24 -j MASQUERADE

/etc/neutron/plugins/ml2/linuxbridge_agent.ini

physical_interface_mappingsで上記で作ったdummyインターフェースを指定する。

[linux_bridge]
physical_interface_mappings = provider:virt0

neutronでsubnetを作る

neutronで10.0.100.0/24に沿ったサブネットを作ります。

$ sudo neutron subnet-create --name provider --allocation-pool start=10.0.100.101,end=10.0.100.200 --dns-nameserver 8.8.8.8 --gateway 10.0.100.1 provider 10.0.100.0/24

novaとneutronのサービスを再起動

再起動することで、設定が反映されます。

$ sudo for service in /etc/init.d/nova-*; do service $(basename $service) restart; done
$ sudo for service in /etc/init.d/neutron-*; do service $(basename $service) restart; done