blog.monophile.net

コンピュータに関するメモ。

著者

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

投稿

ThinkPad のモニタの開閉を検知し CPU の速度を変える

いきさつ

スリープはしたくないが、かばんの中で勝手に暑くならないように、 画面を閉じたら CPU の速度を落とし、開けたら CPU の速度を上げる、ということをする。

環境は ThinkPad X220 で Ubuntu16.04 。

要件

ACアダプタをつないでいるときは速い状態 performance で、 それ以外の時に画面が開いていたら performance で、 閉じていたら powersave にする。

cpufrequtils のインストール

/etc/acpi/lid.sh

下記の内容でシェルスクリプト /etc/acpi/lid.sh を用意する。

実行権限をつける。

/etc/acpi/events/lid

スクリプトを起動するためにトリガーを /etc/acpi/events/lid に設定する。

acpid を再起動する

下記のコマンドを打つことで、上記の設定が反映される。

acpi_listen でモニタリングする

下記のコマンドでさまざまなacpiのイベントをモニタリングすることができる。

↑は実際に画面を開閉した際の出力。

実際に CPU の速度が変化しているかどうかを確認するには cpufreq-info などを利用すればよい。

参考