blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

Mac OS X でspindumpをオフにする

概要

MacBookPro Late 2011を使っているが、 メモリが圧迫されているので要らない機能をオフにする。 今回はOS Xのソフトウェアのデバッグ用の機能であるspindumpをオフにしてみた。

spindumpは実行中のアプリケーションの低レイヤ情報を書き出すためのソフトウェアだが、 得られる情報は一般的な利用目的(ソフトウェア開発以外)では役に立たないことが多いと思う。

Macのデフォルト設定ではspindumpは有効になっている。

$ ps aux | grep spindump
user             19836   0.0  0.0  4350684   5716   ??  S     7:13PM   0:00.03 /usr/libexec/spindump_agent
root              4450   0.0  0.3  4404268  57868   ??  Ss    6:41PM   0:02.27 /usr/sbin/spindump

状態の確認

初期状態(spindumpが有効の場合)は↓のコマンドでは何も出力されない。 値がfalseなら自動起動が有効になっていて、trueなら無効です。

自動起動が有効の場合

$ launchctl print-disabled system | grep -w spindump
  "com.apple.spindump" => false

自動起動が無効の場合

$ launchctl print-disabled system | grep -w spindump
  "com.apple.spindump" => true

spindumpを停止する

$ launchctl stop com.apple.spindump_agent
$ sudo launchctl stop com.apple.spindump

spindumpを開始する

$ launchctl start com.apple.spindump
$ sudo launchctl start com.apple.spindump

spindumpの自動起動を無効にする

$ sudo launchctl disable system/com.apple.spindump

spindumpの自動起動を有効にする

$ sudo launchctl enable system/com.apple.spindump

(備考) System Integrity Protecton(SIP)を無効にする (El Capitan以降のみ)

El Capitan以降のMacOSでSystem Integrity Protecton(SIP)が有効になっている場合は、 無効にしないとspindumpの設定はできない、と何処かで見た気がしたが、ソースを失ってしまった。 自分の環境ではSIPが有効の場合でもspindumpの無効化の設定はできたが、SIPの無効化を一応書いておく。

  1. Macの電源を切る。
  2. Command+Rを押しながら、起動することでリカバリモードで起動する。
  3. Terminal.appを起動し “csrutil disable” と打つ。
  4. 再起動する。

(備考) launchctlのメモ

公式のドキュメントをみるとload, unloadなどのコマンドはlegacyな扱いになっている。

$ sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.spindump.plist

サービスの設定値は↓で確認できる。

$ launchctl print system/com.apple.spindump | head
com.apple.spindump = {
  active count = 0
  path = /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.spindump.plist
  state = waiting

  program = /usr/sbin/spindump
  arguments = {
    /usr/sbin/spindump
  }

参考