blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

ANSIカラーコードをsedで削除する

概要

ANSIカラーコードっていうのはターミナル上で文字列をカラフルにするシステムで、 CUI操作では見やすくなってストレスが軽減されるが、 いざ標準出力を違うプログラムに渡すとなると、結構邪魔なので、取り除く方法を調べてみた。

つけるのも面倒臭ければ除くのもめんどくさい。 今回はMacでもLinuxでも標準で備わっているsedで。 といいつつもLinuxとMacのsedは微妙に挙動が違うみたいなので、要注意。

Linuxの場合

$ sed -r "s/\x1B\[([0-9]{1,2}(;[0-9]{1,2})*)?m//g"

Macの場合

$ sed -E "s/"$'\E'"\[([0-9]{1,2}(;[0-9]{1,2})*)?m//g"

reference