blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

Configuration Management Ansible, Terraform, Cloud-Init
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Xen, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, FreeBSD, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot, RainLoop
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, ...
Monitoring Nagios, Munin, Zabbix, Prometheus, Grafana
Misc Kubernetes/Istio, certbot, dnsmasq, ...

習得中

OS CoreOS(Container Linux), Windows on QEMU, ...
SQL PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL CouchDB, ArangoDB, Neo4J, ...
Misc Proxmox, oVirt, MAAS, NFV, ...

投稿

MacでLaTeXの環境を整える | texlive + TeXShop

概要

MacにLaTeXをMacPortsでインストール。

install

MacTeXを使えば簡単らしいが、 できるだけソフトウェアはMacPortsで管理したいので、 texlive/TeXShopという組み合わせを下記のコマンドでインストールする。 texliveのインストールにはそこそこ時間がかかった。

$ sudo port install texlive +full
$ sudo port install texshop3

settings

/Application/MacportsにTeXShop.appがあるので開き、 メニューバーのPreferencesから各種設定をする。

  • Source -> Encoding をUnicode(UTF-8)にする。
  • TypeSetting -> Default Script を“Tex + DVI”にする。
  • Engine -> Path settings の書き込み欄2つを“/opt/local/bin”にする。
  • Engine -> TeX + dvips + distiller の“TeX”の項を“~/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-utf8”にする。
  • Engine -> LaTeX + dvips + distiller の“TeX”の項を“~/Library/TeXShop/bin/platex2pdf-utf8”にする。

TeX -> dvi -> pdf 生成ソースをコピー

TeX -> dvi -> pdf 生成ソースをコピーするため、以下のコマンドを打つ。

$ cp ~/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-euc ~/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-utf8
$ cp ~/Library/TeXShop/bin/platex2pdf-euc ~/Library/TeXShop/bin/platex2pdf-utf8

~/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-utf8を編集

~/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-utf8のPATHに /opt/local/bin: を書き足す。 これによってMacPortsで導入されたtexliveのプログラムが使用されるようになる。

#!/bin/sh
export PATH=/opt/local/bin:$PATH:/usr/local/bin:/usr/local/teTeX/bin
COMMAND=${0##*/}
PTEX=${COMMAND%2pdf-*}
ENCODE=${COMMAND#*-}
JOBNAME=${1##*/}
JOBNAME=${JOBNAME%.*}
ptex -synctex=1 -file-line-error -kanji=$ENCODE -fmt=$PTEX-$ENCODE -progname=$PTEX $1 && \
dvipdfmx $JOBNAME

~/Library/TeXShop/bin/platex2pdf-utf8を編集

上記の/Library/TeXShop/bin/ptex2pdf-utf8と同様に、 /Library/TeXShop/bin/platex2pdf-utf8のPATHに /opt/local/bin: を書き足す。 これによってMacPortsで導入されたtexliveのプログラムが使用されるようになる。

#!/bin/sh
export PATH=/opt/local/bin$PATH:/usr/texbin:/usr/local/bin
COMMAND=${0##*/}
PTEX=${COMMAND%2pdf-*}
ENCODE=${COMMAND#*-}
JOBNAME=${1##*/}
JOBNAME=${JOBNAME%.*}
eptex -synctex=1 -kanji=$ENCODE -progname=$PTEX $1 && dvipdfmx $JOBNAME

準備は以上で終わりです。

sample

下記のサンプルコードをタイプセットすると、 その下の画像に示されるようなpdfが~/Documentsに生成される。

\documentclass[11pt]{jarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{amsmath, amssymb,ascmac}
 \usepackage{type1cm}
\title{TITLE}
\author{AUTHOR}
\date{\today}
\begin{document}
\layout
\maketitle
\section{SECTION}
\subsection{SUBSECTION}
\subsection{分離超平面定理}
$\mathbb{R}^n$ の凸で閉な部分集合 $C$ ,及び $\mathbb{R}^n$ の C に含まれないベクトル
$b \in \mathbb{R}^n \ C$ について
$\forall c \in C : x \cdot c \geq d \ge x \cdot b$
を満たす $x \in \mathbb{R}^n$ 及び $d \in \mathbb{R}$ が存在する。
\subsection{Farkas' Lemma}
$A \in \mathbb{R}^{m \times n} , x \in \mathbb{R}^m , b \in \mathbb{R}^n $のとき、
以下は同値である。
\begin{eqnarray}
(I) : Ax \leq b \text{が解を持たない。}\\
(II) :\exists y ( A^T y = 0 , y \geq 0 , b^T y \le 0 )
\end{eqnarray}
\end{document}

references