blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

ext4fuseを使う

MacでLinuxのファイルシステムであるext4を読むために、ext4fuseというのを使ってみます。

install

MacPortsを使います。

$ sudo port install ext4fuse

ユーザのグループを設定する

ユーザをopetratorというグループに追加することによって、ユーザの権限でマウントできるようにします。

$ sudo dscl . append /Groups/operator GroupMembership $USERNAME

mount

diskutilで使用するデバイスを探します。 今回は/dev/disk3s1とします。

$ diskutil list
$ mkdir mount_point
$ mount /dev/disk3s1 ./mount_point

unmount

アンマウントするには以下のコマンドを打てばOKです。 Finderからでもejectのマークを押せばアンマウントできます。

$ umount ./mount_point