blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

MacOSでオーディオCDをcdrdaoでコピー

いきさつ

CDJを始めたのですが、買ったCDをそのまま持ち歩くのは傷ついたりするので、 コピーしたCD-Rを持ち歩くためにコピー中です。 GUIツールよりもコマンドラインツールの方が簡単そうなのでcdrdaoを使ってみます。 使っているのはMacBookPro late 2011 15 inchです。

cdrdao

cdrdaoというのはオープンソースなので無料ですし、クロスプラットフォームなので覚えておいて損はないと思います。

install

MacPortsを使ってインストールします。

$ sudo port install cdrdao

オーディオCDからイメージファイルを生成

オーディオCDからイメージファイルを生成するには、 まずMacOS付属のDisk UtilityというソフトウェアでオーディオCDをUnmountしてください。 次に以下のコマンドを叩くことでcd.datというバイナリファイルとその中身を記述したcd.tocが生成されます。

$ cdrdao read-cd --source-device /dev/disk2 --with-cddb --datafile cd.dat cd.toc

イメージファイルからCD-Rへ書き込み

$ cdrdao write --speed 8 cd.toc

reference