blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

概要

SuperColliderだと標準のオーディオ・インターフェースならば s.bootするだけで良いのだが、 その他のオーディオ・インターフェースの選択の方法がわからなかったので、 調べてみた。

Komplete Audio 6 から出力する

今回はKomplete Audio 6 をアウトプットに使用してみる。

ServerOptions.devices;
// ↑の1行にはオーディオ・インターフェースのIDとなる文字列のリストが入っている
// [ Built-in Microph, Built-in Input, Built-in Output, Komplete Audio 6]
// 上記のリストにある"Komplete Audio 6"という文字列が重要
(
  // デバイスの指定
  // サンプルレートの指定
  // バッファーサイズの指定
  // 入出力のチャンネル数の指定
  // scsynthの起動
  s.options.device = "Komplete Audio 6";
  s.options.sampleRate = 96000;
  s.options.numBuffers = 256;
  s.options.numOutputBusChannels = 4;
  s.options.numInputBusChannels = 4;
  s.boot;
)

“Synth();”などで音を確かめてみると、 選択したオーディオ・インターフェースから出力される。