blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

eclipse luna でc++0xを書く方法

いきさつ

c++0xだとラムダ式かけるしマルチスレッドやりやすいかな、 と思ったらeclipseでc++0x書くと宣言が見つからないって言われて、 調べたらc++0x用のセッティングが必要みたいです。

C/C++ Build -> Settings -> Tool Settings -> GCC C++ Compiler

C/C++ Build -> Settings -> Tool Settings -> GCC C++ Compiler -> Miscellaneous に“-std=c++0x”を追加します。例えば以下みたいに。

-c -fmessage-length=0 -std=c++11

C/C++ General -> Paths and Symbol -> Symbol -> GNU C++

Project Properties -> C/C++ General -> Paths and Symbol -> Symbol -> GNU C++ に __GXX_EXPERIMENTAL_CXX0X__ をvalueなしで追加します。 また必要ないかもしれないですが、 __cplusplusvalue:"201103L" で追加します。

C/C++ General -> Preprocessor … -> Providers

CDT GCC Built-in Complier Settingsの“use global provider shared between projects”のチェックボックスを外します。 そしてCommand to get compiler specsに以下を記します。 “-std=c++0x”を追加しただけですね。

${COMMAND} ${FLAGS} -E -P -v -dD "${INPUTS}" -std=c++0x

そうしたら、このCDT GCC Built-in Complier Settingsを右のMove Upボタンで一番上まで持っていきます。

Project -> C/C++ Index -> Re-resolve Unresolved Include

最後にProject -> C/C++ Index -> Re-resolve Unresolved Includeをぽちっとします。