blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

Configuration Management Ansible, Terraform, Cloud-Init
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Xen, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, FreeBSD, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot, RainLoop
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, ...
Monitoring Nagios, Munin, Zabbix, Prometheus, Grafana
Misc Kubernetes/Istio, certbot, dnsmasq, ...

習得中

OS CoreOS(Container Linux), Windows on QEMU, ...
SQL PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL CouchDB, ArangoDB, Neo4J, ...
Misc Proxmox, oVirt, MAAS, NFV, ...

投稿

eclipse luna でc++0xを書く方法

いきさつ

c++0xだとラムダ式かけるしマルチスレッドやりやすいかな、 と思ったらeclipseでc++0x書くと宣言が見つからないって言われて、 調べたらc++0x用のセッティングが必要みたいです。

C/C++ Build -> Settings -> Tool Settings -> GCC C++ Compiler

C/C++ Build -> Settings -> Tool Settings -> GCC C++ Compiler -> Miscellaneous に“-std=c++0x”を追加します。例えば以下みたいに。

-c -fmessage-length=0 -std=c++11

C/C++ General -> Paths and Symbol -> Symbol -> GNU C++

Project Properties -> C/C++ General -> Paths and Symbol -> Symbol -> GNU C++ に __GXX_EXPERIMENTAL_CXX0X__ をvalueなしで追加します。 また必要ないかもしれないですが、 __cplusplusvalue:"201103L" で追加します。

C/C++ General -> Preprocessor … -> Providers

CDT GCC Built-in Complier Settingsの“use global provider shared between projects”のチェックボックスを外します。 そしてCommand to get compiler specsに以下を記します。 “-std=c++0x”を追加しただけですね。

${COMMAND} ${FLAGS} -E -P -v -dD "${INPUTS}" -std=c++0x

そうしたら、このCDT GCC Built-in Complier Settingsを右のMove Upボタンで一番上まで持っていきます。

Project -> C/C++ Index -> Re-resolve Unresolved Include

最後にProject -> C/C++ Index -> Re-resolve Unresolved Includeをぽちっとします。