blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

Configuration Management Ansible, Terraform, Cloud-Init
Cloud Platform GCP, AWS, Azure, OpenStack
Virtualization, Container QEMU+KVM, Xen, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, FreeBSD, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Router Linux+Netfilter, Quagga, VyOS, Cisco IOS, YAMAHA RTX, ...
Switch Dell FTOS, AlaxalA, NETGEAR, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot, RainLoop
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, ...
Monitoring Nagios, Munin, Zabbix, Prometheus, Grafana
Misc Kubernetes/Istio, certbot, dnsmasq, ...

習得中

OS CoreOS(Container Linux), Windows on QEMU, ...
SQL PostgreSQL, BigQuery, ...
NoSQL CouchDB, ArangoDB, Neo4J, ...
Misc Proxmox, oVirt, MAAS, NFV, ...

投稿

Pythonでデコレータ

Pythonでデコレータを理解したかったので、簡単なサンプルを書いてみた。 使ったのはPython2.x系。

deco_test.py

関数が呼び出されるたびに、関数の名前と関数の記述されているファイル名と行数と引き数を表示するデコレータdecoというのを定義している。

# debugというbooleanの引き数を取るデコレータを作る関数を定義
def deco_gen(debug):
    def deco(func):
        f = dict()
        f['fname']  = func.func_name
        f['file']   = func.func_code.co_filename
        f['lineno'] = func.func_code.co_firstlineno
        def wrap(*args,**kw):
            if debug:
                arg = { 'args':args,'kw':kw }
                print "[ %s, %s ]" % ( f, arg )
            return func(*args,**kw)
        return wrap
    return deco

# テスト用の関数
debug = True
@deco_gen(debug)
def hoge(*args, **kw):
    return args, kw

if __name__ == "__main__":
    print hoge(0, 1, foo="foo")

以下が上記のコードを実行した時の出力。

 [ {'file': 'deco_test.py', 'fname': 'hoge', 'lineno': 16}, {'args': (0, 1), 'kw': {'foo': 'foo'}} ]
((0, 1), {'foo': 'foo'})

デコレータというのは結局のところ、 関数を引き数に取り新しい関数を出力する高階関数とそれのためのシンタックスシュガー。