blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 digitiminimi inc.において、インフラエンジニアとして生計をたててている。 現在、転職活動中。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

pylibloを使ってOSCメッセージを扱う

以前、pyOSCを使ってOSCメッセージを扱いましたが、今回はpylibloを使ってみます。 pylibloの方がpyOSCよりもpythonっぽいライブラリな感じがしますね。 # install  Debian/Ubuntuでは以下のコマンドで一発。

$ sudo apt-get install python-liblo

send

下記のpylibloのexampleコードを簡略化したものを載せます。

import liblo, sys
try:
    target = liblo.Address("127.0.0.1",8000)
except liblo.AddressError, err:
    print str(err)
    sys.exit()
liblo.send(target, "/foo/message1", 123, 456.789, "test")
 基本的なことは以上です。 もはやコメントも必要ないくらい簡単ですね。
["/foo/message1", 123, 456.789, "test"] -> 127.0.0.1:8000
 上記のメッセージを127.0.0.1:8000に送っているだけです。
recv
 続いて受信。 こちらも簡単だと思います。 add_methodでメッセージの区分を指定して、コールバックする関数を指定しているだけですね。 ポイントはadd_methodの引き数である'if'とかでしょうか。 'i'はint型を表し、'f'はfloat型を表します。 二回目のadd_methodは第一と第二引き数にNoneを指定することによって、 どの区分にも当てはまらなかったメッセージを処理する関数を設定しています。 そして最後に100[ms]ごとにメッセージを読みだしています。
import liblo, sys
try:
    server = liblo.Server(8000)
except liblo.ServerError, err:
    print str(err)
    sys.exit()

def foo_bar_callback(path, args):
    i, f = args
    print "received message '%s' with arguments '%d' and '%f'" % (path, i, f)

def fallback(path, args, types, src):
    print "got unknown message '%s' from '%s'" % (path, src.get_url())
    for a, t in zip(args, types):
        print "argument of type '%s': %s" % (t, a)

server.add_method("/foo/bar", 'if', foo_bar_callback)
server.add_method(None, None, fallback)

# loop and dispatch messages every 100ms
while True:
    server.recv(100)

参考URL