blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はdigitiminimi inc.において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。使用できるのは↓。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

study

習得中の技術は↓。

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS

posts

SuperColliderでOSC

SuperColliderはクライアント側sclangとサーバ側scsynthがお互いにOSCを利用して通信しています。 しかし、sclangもscsynthもまた違うOSCクライアントからのメッセージを受け付けることができます。 当たり前っちゃ当たり前ですが。

しかし、scsynthよりもsclangの方がメッセージに対して柔軟な対応ができます。 なので、sclangの方でOSCのメッセージを受け取ることを考えてみます。

addOSCRecvFunc / removeOSCRecvFunc

MainクラスのインスタンスメソッドであるaddOSCRecvFunc/removeOSCRecvFuncという2つを理解すればOKです。 以下のメッセージを叩き、ドキュメントを読んでみましょう。

Main.openHelpFile;

するとaddOSCRecvFuncに以下のようなサンプルコードがあります。

(
f = { |msg, time, replyAddr, recvPort|
    if(msg[0] != '/status.reply') {
        "At time %s received message % from % on port%\n"
            .postf( time, msg, replyAddr, recvPort )
    }
};
thisProcess.addOSCRecvFunc(f);
);

重要なのはfという関数がmsg, time, replyAddr, recvPortという引数を取るような関数であることと、 そのfという関数をthisProcess.addOSCRecvFunc(f)というので登録するということだけですね。

ここでmsgはsclang:57120に送られてきたOSCのメッセージの内容が入っています。 関数fの2行目にif文がありますが、msg[0]が’/status.reply’っていうのはserverが”生きてるよ”というビーコンを発したときのメッセージらしいです。 なので、その情報がいらない時はif文を使ってフィルタリングをすればいいみたいですね。

要らなくなった関数fの登録を解除する場合は以下のようにすればOK。 thisProcess.removeOSCRecvFunc(f); OSCのメッセージを受信して音を鳴らしてみる

‘/Synth/new’というメッセージが来たら音を鳴らし、’/Synth/stop’というメッセージならば止める、ということをやってみようと思います。 関数の登録

まずはじめにメッセージが来た場合の動作を記述した関数を登録します。

(
f = { |msg, time, replyAddr, recvPort|
    if(s.addr != replyAddr,
        switch( msg[0],
            '/Synth/new',  { s.sendMsg("/s_new",  msg[1], msg[2]); },
            '/Synth/stop', { s.sendMsg("/n_free", msg[1]); }
        ).value
    );
};
thisProcess.addOSCRecvFunc(f);
)

メッセージの送信

次のコードでメッセージを送信してみます。 すると音がなります。

NetAddr.localAddr.sendMsg( "/Synth/new", "default", 9999 );

次のコードでなった音が止まります。

NetAddr.localAddr.sendMsg( "/Synth/stop", 9999 );

編集後記

supercollider(smalltalk系)の言語は初めてなので、 if,switch,forなどの制御構文の特殊さにちょっと苦しみながら、今回の実験用のコード書いてました。 一応動きますが、作法的に合っているのかどうかはわからないですね。