blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

sudo -s で 環境変数HOMEを引き継ぐ

Debianの場合、sudo -s を実行すると環境変数がすべてリセットされたまっさらな状態でrootになります。 セキュリティとかメンテナンスの事を考えるとその方が良さそうですが、普段使いには困ります。 とくに環境変数のHOMEはいろんな初期化ファイルを読み込むためには重要な変数です。 これを既存のユーザから引き継ぐ設定をしてみたいと思います。

visudo

visudoを使います。

$ sudo visudo

末尾に以下の一行を加えるだけでOKです。

Defaults env_keep += "HOME"

参考URL