blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

ssh で proxy

ネットワーク外部から組織内部のネットワークをみたいときが結構あります。 今まではsshした先でX Windowを使ったソフト(例えばfirefox)を起動して画面を転送してました。 画面を転送するのはやっぱり遅いです。 しかもX Windowのプロトコルに対応してないこともあったりして、 画面がでないこともあります。 本当にやりたいことは内部のネットワークを経由してデータを取得したいだけです。 ということで“ssh proxy”と検索したら、 しっかりsshの標準機能としてSOCKSを使ったネットワーク転送の方法がありました。

SOCKS

以下のコマンドを打ちます。するとlocalhost:60030にssh先へのSOCKETができます。 ここでlocal側のwebブラウザなどのproxy設定をlocalhost:60030とすれば、 無事にssh先のネットワークを経由する事ができます。 ポート番号を60030としたのは、”たぶん空いている”という理由だけで、 自分の好きなポート番号を使っても良いと思います。

$ ssh -D 60030 remote.domain

参考URL