blog.monophile.net

コンピュータに関するメモ。

著者

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

投稿

Linux でスワップ領域を追加する方法

概要

スワップ領域を追加するときのメモ。 /var/swapfileというファイルを生成して行います。

/var/swapfile の準備

8GBのスワップ領域を追加する場合は、8GBの空のファイルを作成し、 mkswap でスワップとして使えるように初期化します。

swapon

swapon コマンドで作成したスワップファイルをスワップ領域として実際に使用するように変更します。

スワップ領域に追加されたことは free コマンドなどで確認できると思います。

swapoff

swapoff コマンドで追加したスワップファイルをスワップ領域から取り除くことができます。

このコマンドはスワップ領域に書かれている内容をメモリに戻すため、ある程度時間がかかる場合があります。 Ctrl-C で中断できますが、システムの負荷は上がりやすいので、余裕のあるタイミングで行うことをおすすめします。

備考

特定のファイルシステム(e.g. btrfs) ではファイルをスワップ領域として使用することができないので注意してください。

参考URL