blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

LaTeXでファイル名と行番号を取得する

いきさつ

LaTeXのファイルを書くときはとりあえず、 章ごとにファイル分けて、を使ってます。 いろんな箇所から書き出すので、 どこまで書いたかどうか忘れる時があるので、 「書き途中:filename.tex 3行目」 みたいな出力をするマクロがあったら便利かなって思ったので、作って見ました。

マクロ

currfileというパッケージを使います。

\usepackage{color}
\usepackage{currfile}
\def\notyet{
  \textbf{
    \textcolor{red}{
      in production @\currfilename:\number\inputlineno
    }
  }
}

そして任意のbegin{document}…end{document}内で\notyet と打てば、OKです。