blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はdigitiminimi inc.において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。使用できるのは↓。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

study

習得中の技術は↓。

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS

posts

C言語.cを実行可能形式.outにコンパイルするmakefile

いきさつ

テスト用に書くC言語のファイルをコンパイルするためのmakefileを書く。 src/とbin/という2つのディレクトリにソースと生成物を分けることが目的。 つまり、srcにhoge.cとpiyo.cがあるとして、binにhoge.outとpiyo.outを作りたい。

以下ではサフィックスルールを用いたmakefileと置換文字%を用いたmakefileを書いてみた。

ディレクトリ構造

ディレクトリ構造は以下のようなものを想定している。

コンパイル前

$ tree .
.
├── makefile
└── src
    ├── hoge.c
    └── piyo.c

コンパイル

$ make
mkdir -p bin
gcc -o bin/hoge.out src/hoge.c
gcc -o bin/piyo.out src/piyo.c

コンパイル後

↑でコンパイルすると↓のようにbin/以下に生成物 bin/????.outが 出来上がる。

$ tree .
.
├── bin
│   ├── hoge.out
│   └── piyo.out
├── makefile
└── src
    ├── hoge.c
    └── piyo.c

置換文字%を使うmakefile

.PHONY  := all clean
SRCDIR  := src
TRGDIR  := bin
SRC     := hoge.c piyo.c
OBJ     := $(SRC:%.c=$(TRGDIR)/%.out)

all: $(TRGDIR) $(OBJ)

clean:
    rm -rf $(TRGDIR)/

$(TRGDIR):
    mkdir -p $(TRGDIR)

$(TRGDIR)/%.out: $(SRCDIR)/%.c
    gcc -o $@ $^

VPATHとサフィックスルールを使うmakefile

.PHONY    := all clean
SRCDIR    := src
TRGDIR    := bin
SRC       := hoge.c piyo.c
OBJ       := $(SRC:%.c=%.out)
VPATH     := $(TRGDIR):$(SRCDIR):./
.SUFFIXES :=
.SUFFIXES := .out .c

all: $(TRGDIR) $(OBJ)

clean:
    rm -rf $(TRGDIR)

$(TRGDIR):
    mkdir -p $(TRGDIR)

.c.out:
    gcc -o $(TRGDIR)/$@ $<