blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

いきさつ

ThinkPadのキーボードとトラックボールを使っているので、 トラックポインタとトラックボールで2つ分の入力装置があります。 ふたつあるなら、ふたつのマウスポインタを使ってみよう、ということで。

xinputを使う

デバイスのidを確認する 以下のコマンドでデバイスの名前とidを調べます。 xinputでデバイスを指定する場合は文字列でもidでもできます。

$ xinput list
⎡ Virtual core pointer                     id=2 [master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer               id=4 [slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ Logitech Unifying Device. Wireless PID:1028 id=8 [slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ Lite-On Technology Corp. ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint id=10 [slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                    id=3 [master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard              id=5 [slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                             id=6 [slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                             id=7 [slave  keyboard (3)]
    ↳ Lite-On Technology Corp. ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint id=9 [slave  keyboard (3)]

仮想デバイスを追加し、実デバイスを対応させる

$ xinput --create-master "second input"
$ xinput --reattach 10 "second input pointer"

仮想デバイスを削除し、実デバイスを元の仮想デバイスへ

$ xinput --reattach 10 "Virtual core pointer"
$ xinput --remove-master "second input pointer"

link