blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 digitiminimi inc.において、インフラエンジニアとして生計をたててている。 現在、転職活動中。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

マウスポインタを複数使う

いきさつ

ThinkPadのキーボードとトラックボールを使っているので、 トラックポインタとトラックボールで2つ分の入力装置があります。 ふたつあるなら、ふたつのマウスポインタを使ってみよう、ということで。

xinputを使う

デバイスのidを確認する 以下のコマンドでデバイスの名前とidを調べます。 xinputでデバイスを指定する場合は文字列でもidでもできます。

$ xinput list
⎡ Virtual core pointer                     id=2 [master pointer  (3)]
⎜   ↳ Virtual core XTEST pointer               id=4 [slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ Logitech Unifying Device. Wireless PID:1028 id=8 [slave  pointer  (2)]
⎜   ↳ Lite-On Technology Corp. ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint id=10 [slave  pointer  (2)]
⎣ Virtual core keyboard                    id=3 [master keyboard (2)]
    ↳ Virtual core XTEST keyboard              id=5 [slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                             id=6 [slave  keyboard (3)]
    ↳ Power Button                             id=7 [slave  keyboard (3)]
    ↳ Lite-On Technology Corp. ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint id=9 [slave  keyboard (3)]

仮想デバイスを追加し、実デバイスを対応させる

$ xinput --create-master "second input"
$ xinput --reattach 10 "second input pointer"

仮想デバイスを削除し、実デバイスを元の仮想デバイスへ

$ xinput --reattach 10 "Virtual core pointer"
$ xinput --remove-master "second input pointer"

link