blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

inotifyでファイルを監視する

いきさつ

ファイルの変更をトリガーにして何か動作させたい時ってありますよね。 たとえば、プログラムを書いていて、ファイルを保存したらコンパイルする、など。 そんなときはinotifyが便利です。

inotify

install

$ sudo apt-get install inotify-tools

使ってみる

以下の様にすると、ファイルが書き込み、閉じられた時“ファイルが更新されたよ”と出力されます。

while line=$(inotifywait -q -e CLOSE_WRITE filename); do
    echo "ファイルが更新されたよ"
done