blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

いきさつ

ネットワークの可視化をやりたいな、と思っているのですが、まずはデータの採取から。 tcpdumpをつかって文字をparseするよりもC言語のAPIを直接呼び出した方がスマートな感じがするので、 python-libpcapをインストールしてみようかと。 

libpcapのPythonライブラリをインストール

$ sudo apt-get install python-libpcap

実行

実行する際はroot権限が必要。 以下のコマンドを打つと、データリンク層のパケットを確認できるはずです。 スクリプトに基本的な使いかたが書かれています。

$ sudo /usr/share/doc/python-libpcap/examples/sniff.py eth0 tcp

参考