blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

いきさつ

研究しててどうしてもSDPを解かなければいけない。 そしてSDPAを使いたいが、C++は使いたくないので、pythonから使う。 そのためにはSDPA-Pというのをインストールしなければならないので、やってみる。

download

以下のリンクの下部にSDPA-Pのソースがあるのでダウンロードする。

$ sudo apt-get install sdpa libsdpa-dev libspooles-dev libmumps-dev libmumps-seq-dev
$ tar xzvf sdpap-0.2.1.tar.gz
$ cd sdpap-0.2.1

configure

Ubuntu12.10の場合、sdpaの場所が違うのでsetupcfg.pyを以下のように変更する。

#SDPA_MAKEINC = '/usr/local/sdpa/sdpa.7.3.1/etc/make.inc'
SDPA_MAKEINC = '/usr/share/sdpa/make.inc'

またlibmpiseqの名前が少し異なったので、変更する。 setup.pyの44行目を以下の様に変更する。

libraries=['sdpa','dmumps_seq','mumps_common_seq',
           'pord','mpiseq_seq',LAPACK_NAME,BLAS_NAME]

setup

あとは以下のコマンドを打つだけで終了。

$ python setup.py build
$ sudo python setup.py install