blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 digitiminimi inc.において、インフラエンジニアとして生計をたててている。 現在、転職活動中。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

BeagleBone BlackにUbuntuをインストールする

いきさつ

BeagleBone Blackを買ったのですが、 初期搭載されているOSのAngstromではなかなか使いづらいので、 BeagleBone用のUbuntuをインストールしてみたいと思います。

Ubuntu13.10 install

必要なもの

  • BeagleBone Black
  • microSDHC 4GB
  • microHDMI⇔HDMIモニタ
  • USB keyboard
  • LANケーブル
  • ACアダプタ(USB給電でも可能)

ダウンロード

ダンロードして、ハッシュを計算して、ファイルが適正かどうかを判断します。

$ wget https://rcn-ee.net/deb/rootfs/saucy/ubuntu-saucy-console-armhf-2013-09-26.tar.xz
$ md5sum ubuntu-saucy-console-armhf-2013-09-26.tar.xz

以下の出力が出ればファイルは壊れていません。

d01709f056ea1f71b7376ba43ae256d6  ubuntu-saucy-console-armhf-2013-09-26.tar.xz

書き込み

ダウンロードしたファイルを展開し、その展開先のディレクトリに移動します。

$ tar xJf ubuntu-saucy-console-armhf-2013-09-26.tar.xz
$ cd ubuntu-saucy-console-armhf-2013-09-26

どのSDに書き込むかを選択するために以下のコマンドを発行します。

$ sudo ./setup_sdcard.sh --probe-mmc

上記のコマンドの結果から/dev/sdXというSDに書き込むことにしたとき、 以下のコマンドでUbuntuOSをSDに書き込みます。 ちょっと時間がかかりますが、コレでSDへの書き込みは終わります。

$ sudo ./setup_sdcard.sh --mmc /dev/sdX --uboot bone

起動

LANケーブルとHDMIをつなぎ、microSDのスロットにUbuntuをインストールしたSDを入れて起動します。 するとUbuntuが起動して、テキストコンソールのログイン画面になります。 この後は普通のUbuntuとほとんど同じになります。 (GUIはlightdmとかlxdmとかをイントールしなければ使えません。)

swapファイルを作る

初期状態ではスワップ領域が全く無いので、作ります。 以下は1024MBのスワップ領域を作る過程です。

$ sudo mkdir -p /var/cache/swap/   
$ sudo dd if=/dev/zero of=/var/cache/swap/swapfile bs=1M count=1024
$ sudo chmod 0600 /var/cache/swap/swapfile
$ sudo mkswap /var/cache/swap/swapfile
$ sudo swapon /var/cache/swap/swapfile

この状態では起動時にswapが有効にならないので、/etc/fstabに以下を記述します。

/var/cache/swap/swapfile    none    swap    sw    0   0

参考