blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

いきさつ

webカメラの画質というか露出や彩度やコントラストの調整っていうのはカメラ側に保存されるのですね。 Video Control Inteface っていうAPI?みたいなもので設定するみたいです。 そして、それをコマンドで発行してみます。

uvcdynctrlを使う

install

$ sudo apt-get install uvcdynctrl

command list

以下のコマンドを打つと設定できる項目が列挙されます。

$ uvcdynctrl -c

出力は以下の通り。

Listing available controls for device video0:
  Brightness
  Contrast
  Saturation
  White Balance Temperature, Auto
  Gain
  Power Line Frequency
  White Balance Temperature
  Sharpness
  Backlight Compensation
  Exposure, Auto
  Exposure (Absolute)
  Exposure, Auto Priority

(例)彩度を変更してみる

以下のコマンドで彩度が変更できます。

$ uvcdynctrl -s Saturation 100