blog.monophile.net

コンピュータに関するメモ。

著者

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

投稿

Linux で web カメラの画質を調整

概要

web カメラの画質というか露出や彩度やコントラストの調整っていうのはカメラ側に保存されるのですね。 Video Control Inteface っていう API? みたいなもので設定するみたいです。 それをコマンドで調整してみます。

uvcdynctrl を使う

install

command list

以下のコマンドを打つと設定できる項目が列挙されます。

出力は以下の通り。

Listing available controls for device video0:
  Brightness
  Contrast
  Saturation
  White Balance Temperature, Auto
  Gain
  Power Line Frequency
  White Balance Temperature
  Sharpness
  Backlight Compensation
  Exposure, Auto
  Exposure (Absolute)
  Exposure, Auto Priority

(例)彩度を変更してみる

以下のコマンドで彩度が変更できます。