blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

山本 一彰 | Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はインフラエンジニアとして生計をたててている。

技術

各種システムの設計/構築/運用を承ります。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

技術(習得中)

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS, Blockchain

投稿

pulseaudioを用いてネットワーク上で音を転送する

いきさつ

基本的にスピーカにつながっている一つのデスクトップPCなので、 ノートPCだとしょぼい音で音楽を聴くことになる。 なんだかもったいないので、デスクトップPCへノートPCの音を転送してみる。

レシーバ側の設定

インストール

$ sudo apt-get install paprefs

~/.pulse/default.paの変更

まずテンプレートとして/etc/pulse/default.paをコピー。

$ cp /etc/pulse/default.pa ~/.pulse/default.pa

そして、以下の2行うち、どちらかの行を追加。 レシーバ側のIPアドレスを192.168.1.1と仮定する。 一行目を追加すると同じネットワークのPCからのみ受け付ける。 後者はすべて受け入れる。

load-module module-native-protocol-tcp auth-ip-acl=127.0.0.1;192.168.1.0/24
load-module module-native-protocol-tcp auth-anonymous=1

pulseaudioの再起動

$ pulseaudio -k
$ pulseaudio -d

クライアント側の設定

インストール

pulseaudioを使うソフトならなんでも良いのだが、今回はmplayerを使う。

$ sudo apt-get install mplayer

再生

レシーバ側のPCのIPアドレスを192.168.1.1と仮定する。 再生するファイルはsample.m4a。 コレで音が流れるはず。

$ export PULSE_SERVER=192.168.1.1
$ mplayer sample.m4a

参考