blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を2016年に受賞。 現在はdigitiminimi inc.において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。使用できるのは↓。

Configuration Management Ansible, Terraform, cloud-init
Cloud Platform AWS, Azure, GCP, Openstack
Openstack Keystone, Glance, Cinder(Ceph), Neutron(VLAN), Nova(QEMU), Horizon
Virtualization QEMU+KVM, LXD/LXC, Docker
OS Ubuntu, Debian GNU/Linux, CentOS, ...
Storage Ceph, GlusterFS, ZFS, btrfs, ...
Networks Tunnel(IPSec, L2TP, VXLAN, GRE), WirelessAP, ...
DB MySQL, MariaDB(Galera Cluster), MongoDB
Mail postfix, dovecot
WebApps WordPress, GitLab, MatterMost, Redmine, RainLoop, ...
Monitoring Nagios, Munin
Misc certbot, dnsmasq, ...

study

習得中の技術は↓。

Orchestration Kubernetes
Openstack swift, manila, trove
OS CoreOS(Container Linux), Vyatta(VyOS), ...
Networks IPv6, BGP(quagga, calico), flannel, fan, ...
DB/KVS Redis, etcd
Monitoring Prometheus, Zabbix
DNS CoreDNS, PowerDNS
Misc MAAS

posts

OMP_NUM_THREADSを設定してnumpyを使う

いきさつ

OMP_NUM_THREADSでnumpyの並列度合いを調整できるらしいので、試してみる。

準備

numpy code

### inv.py ###
import numpy
import time
start = time.time()
for i in range(10):
    A = numpy.random.rand(1000,1000)
    numpy.linalg.inv(A)
print time.time() - start

bash code

for i in 1 2 4 8 16 32
do
   export OMP_NUM_THREADS=$i
   echo $i $(python inv.py)
done

実行結果

実験環境

  • CPU:Athlon2 x4 620
  • OS:Ubuntu 12.10 64bit
  • Python2.7.3

出力

1 3.95219683647
2 2.63797283173
4 2.21685695648
8 2.24737811089
16 2.14938902855
32 2.3677880764

考察

cpuのコア数が4つなので、スレッドの数が4つまで順調に伸びてますね。 それ以降はどっこいどっこい。 まぁ、つまりはコア数=スレッド数 + αと設定するのが妥当かも。