blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

midiメッセージをモニタリングする

いきさつ

以前、padKontrolを買ったが、 実際にどのようにMIDIのメッセージが発せられているかわからないので、 コンソールへモニタしてみたかった。

mididingsというのを使えばできるみたい。

準備

install

$ sudo apt-get install mididings

code

### monitor.py ###
from mididings import *

def show_event(ev):
    print ev
    return ev

run(Process(show_event))

execution

python monitor.py

次にpadKontrolを起動し、pathcageなどでmididingsへ接続します。

結果

上記の状態でパッドを叩くと以下のようなメッセージがバーっと出力されます。

NoteOnEvent(port=1, channel=10, note=48, velocity=33)
NoteOffEvent(port=1, channel=10, note=48, velocity=64)
NoteOnEvent(port=1, channel=10, note=48, velocity=74)
NoteOffEvent(port=1, channel=10, note=48, velocity=64)
NoteOnEvent(port=1, channel=10, note=48, velocity=32)
NoteOffEvent(port=1, channel=10, note=48, velocity=64)
:
: