blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

いきさつ

Rならほとんど覚えること無く確率分布を描けますが、scipyで描くための練習。

code

平均が0でスケールσが[1,2,3,4,5]と変化するグラフを描く。

import scipy.stats.distributions as dis
import numpy as np
import pylab as pl

x = np.arange(-10, 10, 0.1)

for i in range(1, 5):
    a = dis.norm.pdf(x, scale=i)
    pl.plot(x, a, label="sigma = "+str(i))

pl.legend(loc = 'upper right')
pl.savefig("norm.svg")

output