blog.monophile.net

コンピュータに関するメモ。

著者

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

投稿

PDF にフォントが埋め込まれているか確認する

概要

外部に提出する PDF を作っていて、ちゃんと表示できるかどうかが気になり、 フォントが埋め込まれているのか確認したくなったので、やってみた。

pdffonts を使う

今回は LaTeX ファイル sample.tex から生成した sample.dvi と sample.pdf を前提に話を進めていきます。

フォント指定なしで LaTeX から生成した PDF のフォントの確認

以下のコマンドを打って PDF を生成して、フォントの確認をします。

以下が pdffonts の出力結果。

name                                 type              encoding         emb sub uni object ID
------------------------------------ ----------------- ---------------- --- --- --- ---------
GGOGCZ+NimbusSanL-Regu               Type 1C           WinAnsi          yes yes no       4  0
GothicBBB-Medium-Identity-H          CID Type 0        Identity-H       no  no  no       6  0

emb の列で no になっているフォントは埋め込まれていない、という事になります。

フォント指定して LaTeX から生成した PDF のフォントの確認

ファイル ipa.map には以下を記述しておきます。

%%% IPA-fonts
rml  H :0:ipam.ttf
gbm  H :0:ipag.ttf
rmlv V :0:ipam.ttf
gbmv V :0:ipag.ttf

dvipdfm のオプションに -f ipa.map を指定して PDF を生成し、フォントの確認をします。

PDF の生成と

以下が pdffonts の出力結果。

name                                 type              encoding         emb sub uni object ID
------------------------------------ ----------------- ---------------- --- --- --- ---------
VDXWXQ+NimbusSanL-Regu               Type 1C           WinAnsi          yes yes no       4  0
KKJCKB+IPAGothic                     CID TrueType      Identity-H       yes yes no       6  0

emb の列がすべて yes になっているので、埋め込まれている事がわかります。