blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

Pythonまたはoctaveでドロネー図を描く

ドロネー図とは

2 次元の Delaunay 三角形分割は、 各三角形の外接円が内部に他の点を含まないようにします。 この定義は、高次元にも自然に拡張できます。

Pythonでドロネー図を描く

Pythonでドロネー図を描いてみる。 環境は以下の通り。

  • python2.7
  • numpy
  • scipy
  • matplotlib

code

from scipy.spatial import Delaunay
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

x = np.random.rand(2,200)
tri = Dealunay(x)
plt.triplot(x[:,0],x[:,1],tri.vertices)
plt.show()

outout

octaveでドロネー図を描く

code

n   = 100
x   = rand(1,n)
y   = rand(1,n)
tri = delaunay(x,y)
triplot(tri,x,y)

output

参考