blog.monophile.net

コンピュータに関するメモ。

著者

山本一彰(Takaaki Yamamoto)

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 2015年にコンビネータ論理を基に計算完備な計算手法 "論理珠算"を開発し、 それを含む体系である"算道"を構成した。 その成果により、2016年に 第19回 文化庁メディア芸術祭 アート部門 新人賞 (文部科学大臣賞) を受賞。 現在はSRE(サイト信頼性エンジニア)として生計をたててている。

投稿

Python または octave でドロネー図を描く

ドロネー図とは

2 次元の Delaunay 三角形分割は、 各三角形の外接円が内部に他の点を含まないようにします。 この定義は、高次元にも自然に拡張できます。

Python でドロネー図を描く

Python でドロネー図を描いてみる。 環境は以下の通り。

  • python2.7
  • numpy
  • scipy
  • matplotlib

code

outout

octaveでドロネー図を描く

code

output

参考