blog.monophile.net

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]においてメディア表現を専攻し修了。 digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

各種環境の構築と管理を承ります。

  • 仮想環境: Openstack, GCP, AWS, Azure, ...
  • アプリケーション: WordPress, GitLab, Redmine, ...

List

LaTeXでプレゼン用のスライドを作る

LaTeX-Beamerのインストール

LaTeXでスライド形式のPDFを生成するにはBeamerというスタイルを使えば良いみたいです。 Ubuntuの場合は以下のコマンドで一発。

$ sudo apt-get install latex-beamer

file.tex

下記のようなTeXファイルを用意します。 (TeXlipseのテンプレートを改変しました。)

\documentclass{beamer}
\usepackage{minijs}
\renewcommand{\kanjifamilydefault}{\gtdefault}
\setbeamertemplate{navigation symbols}{}
\mode<presentation>{
  \usetheme{Antibes}
  \usecolortheme{beaver}
  \setbeamercovered{transparent}
}

\usepackage[english]{babel}
\usepackage[latin1]{inputenc}
\usepackage{mathptmx}
\usepackage[scaled=.90]{helvet}
\usepackage{courier}
\usepackage[T1]{fontenc}
\title{Beamer Test}
\subtitle{subtitle}
\author{author}
\date{\today}

\begin{document}

\begin{frame}
\titlepage
\end{frame}

\begin{frame}
\frametitle{Outline}
\tableofcontents
\end{frame}

\section{section}
\subsection[Subsection Name]{subsection}

\begin{frame}
\frametitle{frametitle}
\framesubtitle{framesubtitle}

\begin{itemize}
  \item item1
  \item item2
\end{itemize}

\begin{itemize}
  \item \texttt{pause}コマンドを使ってみる:
  \begin{itemize}
    \item First item.
    \pause
    \item Second item.
  \end{itemize}
  \item スライドのページに応じて透かしを入れる:
  \begin{itemize}
    \item<3-> First item.
    \item<4-> Second item.
  \end{itemize}
  \item \texttt{uncover}コマンドを使ってみる:
  \begin{itemize}
    \uncover<5->{\item First item.}
    \uncover<6->{\item Second item.}
  \end{itemize}
\end{itemize}

\end{frame}
\end{document}

compile

以下のコマンドでコンパイルすることができます。

$ platex file.tex
$ dvipdf file.dvi