blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

コマンドでexifの閲覧と削除

概要

exifというのはjpgに付けられる撮影情報をxmlで記述したもの。 これには撮影日時やカメラの機種など、様々な情報が載っている。 ときにはこれを閲覧したり、画像をアップロードするときに削除したい、 こともあるので調べてみた。

install

主にjheadとexifというツールを使います。ubuntuでは以下のコマンドで。

$ sudo apt-get install jhead exif

exifの閲覧

exifコマンドでもjheadコマンドでも見れます。

$ exif sample.jpg
$ jhead sample.jpg
$ jhead -v sample.jpg

詳細にわかる順番としてはjhead -v > exif > jheadでした。

exifの削除

jpgのレンダリングにかかわらない部分をすべて削除するには以下のコマンドを打ちます。

$ jhead -purejpg sample.jpg