blog.monophile.net

コンピュータのこととかのメモ。

Takaaki Yamamoto

東京工業大学において計算機科学と応用数学を学び、 情報科学芸術大学院大学[IAMAS] においてメディア表現を専攻し修了。 現在は digitiminimi Inc. において、インフラエンジニアとして生計をたててている。

work

各種システム構築と管理を承ります。

Cloud PlatformOpenstack, GCP, AWS, Azure, ...
Openstackkeystone, glance, cinder, swift, neutron, nova, ...
VirtualizationQEMU+KVM, LXD/LXC, Docker, ...
OSDebian GNU/Linux, Ubuntu, CentOS, ...
NetworksIPSec, L2TP, VXLAN, WirelessAP, ...
WebAppsWordPress, GitLab, Redmine, ...
Configuration ManagementAnsible, Terraform, ...
MonitoringNagios, Munin, ...

posts

Linuxの仮想コンソールでCapsLockとCtrlを入れ替える設定

概要

自分の場合は日本語キーボードで、 CapsLockをCtrlとして使うときの方法。 DebianもしくはUbuntuが対象。

設定

/etc/default/keyboardのXKBOPTIONSに以下の一行を追加する。

XKBOPTIONS="ctrl:swapcaps"

CapsLockもCtrlもCtrlとして使用する場合はnocapsを指定する。

XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"

そして、以下のコマンドを打つ。

$ sudo dpkg-reconfigure -phigh console-setup

リブートすれば反映されるはず。 変数名の通り、X環境下にも設定が反映される。

X環境下で一時的にCapsLockとCtrlを入れ替える

X環境下だと以下のコマンドで一時的に反映することも可能。

$ setxkbmap -option ctrl:swapcaps